注目のAGA新薬|薄くなっていく髪の毛に待ったを|育毛剤でケアを

薄くなっていく髪の毛に待ったを|育毛剤でケアを

男性

注目のAGA新薬

男性

プロペシアとの違い

ザガーロはAGA治療薬として代表的な存在のプロペシアを上回る効果が期待できるという事で注目されているAGA新薬ですが、元々は前立腺肥大症の治療に使われていたプロペシアと同じでAGAの原因の一つであるDHT濃度を減少させる効果があるお薬です。ただ、このAGA新薬がプロペシアと違うのはDHTの産生を促進する働きがある5α還元酵素の1型・2型のどちらに対してもその働きを抑える効果があるという点であり、プロペシアが2型にのみ作用するため、1型にも作用するザガーロがプロペシアよりもAGA治療に強い効果を発揮すると言われています。そんなザガーロですが、薬局・通販や個人輸入代行などでは手に入らないので、このAGA新薬を手に入れるためには医療機関で処方してもらうしかありません。東京でザガーロ処方病院をお探しの方もいるでしょうが、東京には駅近でアクセスの良いザガーロ処方病院がたくさんありますし、東京の医療機関におけるザガーロの販売価格を比較しているサイトなどもあるので、自分に合った東京のザガーロ処方病院を探すのが良いでしょう。

いくつかの注意点

ザガーロを服用する際にはいくつかの注意点に気を付けなければいけません。まずこのAGA新薬は男性用に開発された薬なので女性が服用する事はできませんし、重度の肝機能障害の患者や安全性が確認されていない未成年が服用する事もできません。ただ、このAGA新薬はミノキシジルと作用機序が異なるため、ミノキシジルの内服薬と併用治療する事でAGA治療に非常に効果的だと言われています。また、ザガーロは臨床試験において4週間で毛髪数の増加が認められている治療薬ですが、効果が実感できるまでの期間と言われる半年を過ぎても効果が得られない場合は服用を中止する必要がありますし、服用中は献血が禁じられているので注意しておきましょう。ザガーロはプロペシアよりも効果が高いと言われる分、男性機能低下や肝機能異常などの副作用が起こる可能性が高いとも言われていますから、用量を守り正しく服用するように気を付けましょう。